2018-10-20 06:00

文化

MPT、ミャンマー初の電子書籍サービス「MPT Books」を発表

MPT

説・漫画・雑誌・新聞など様々なコンテンツミャンマーの携帯通信最大手のミャンマー郵電公社(以下、MPT)は、10月17日、ミャンマー初の本格的な電子書籍サービス「MPT Books」を発表した。 これは、多くの読者が、有名な著作品や漫画、雑誌、新聞などの出版物を…

続きを読む...

2018-10-16 20:00

文化

ヤンゴン動物園の虎の家に歴史的な場所を示すブループラークを授与

ヤンゴン動物園

在はホワイトタイガーを収容ヤンゴン動物園の歴史ある虎の家に、商業拠点の都市遺産として、歴史的な場所であることを示す「ブループラーク」が掲げられた。 「King Edward VII 1916 Carnivora House」と名付けられたこの虎の家は、1910年にエドワード7世の記念像…

続きを読む...

2018-10-13 00:30

文化

ミャンマー代表団、韓国でアジアフィルムセンター円卓会議に出席

韓国

ャンマーの景色をロケ場所にミャンマーの代表団は、10月8日に韓国の釜山で開催されたアジアフィルムセンターの円卓会議に参加した。 この円卓会議は、アジア各国の映画産業を発展させ、各国間の文化交流を促進するためにアジアフィルムセンターを設立する方法を模…

続きを読む...

2018-10-08 20:15

文化

ヤンゴンでノルウェーとミャンマーの彫刻家2人展が開催

彫刻

ャンマーではめずらしい彫刻展 スーチー氏の彫像などを展示 10月4日から7日、ヤンゴンのBeikthanoギャラリーで、ノルウェーの彫刻家Merete Sejersted Bodtker氏と、ミャンマーの彫刻家Sonny Nyein氏の展覧会「DUO Art Exhibition」が行われた。 ミャンマーでは…

続きを読む...

2018-10-04 12:00

文化

情報省大臣、映画業界発展に向けた対策について言及

映画

画界の発展に多方面からの尽力情報省のPe Myint大臣は、9月30日、「映画は、芸術家や技術者の想像力、アイデア、考えを共有し調整することを通して発展していく。」との見解を示した。 そして、情報省大臣は、映画分析について、情報省は、映画界の進歩のために可…

続きを読む...

2018-09-28 21:00

文化

「エゴン・シーレ 死と乙女」ミャンマーの検閲に承認されず

エゴンシーレ

ーロッパ映画祭で上映予定 女性のヌード表現を理由に中止決定 ヤンゴンのゲーテ・インスティチュート・ミャンマーで上映される予定だった映画「エゴン・シーレ 死と乙女」が、検閲委員会から上映中止の決定を受けた。 この映画は、ヨーロピアン・フィルム・フ…

続きを読む...

2018-09-23 00:00

文化

シャン州タウンジーの熱気球フェスティバルが開催

タウンジー

4

5回目を迎えた危険なフェスティバル 9月20日、シャン州のタウンジーで熱気球フェスティバルが行われた。 このフェスティバルは毎年開催される仏教行事で、今年で45回目を迎える。会場には何十万もの人々が訪れ、大混雑の中、熱気球の打ち上げを楽しむ。 華やか…

続きを読む...

2018-09-22 22:00

文化

困難を乗り越えて成長するロヒンギャ難民の姿を描いた映画

ロヒンギャ

イ・アム・ロヒンギャ2018年10月8日(10時30分~12時00分)と19日(16時40分~19時00分頃)の2日間、創価大学では、「アイ・アム・ロヒンギャ」を上映する。 「アイ・アム・ロヒンギャ」は、自らのアイデンティティと向き合う、14名の若いロヒンギャ難民の成長を…

続きを読む...

2018-09-20 19:30

文化

情報省、ミャンマー古典図書シリーズ100巻出版のための調整会議などを開催

百科事典

2

つの会議を開催情報省のPe Myint大臣は、ミャンマーの百科事典を再出版するための調整会議と、ミャンマー古典図書シリーズ100巻出版のための調整会議に出席した。両会議は、ヤンゴンのTheinbyu通りにある印刷出版局で開催されたもの。 最初の会合で、ミャンマー百…

続きを読む...

2018-09-20 19:00

文化

第25回Pakokku U Ohn Pe文学賞で、2人の文学者が表彰

文学賞

学の発展に努めた人を表彰情報省大臣のPe Myint博士は、9月17日、Sarpay Beikmanビルで行われた第25回Pakokku U Ohn Pe文学賞について言及し、「文学の発展に努めている人を含めた2人の文学者が表彰された。」と述べた。 Pakokku U Ohn Pe文学賞は、学界のクリエ…

続きを読む...