2021-05-19 16:00

学術

ミャンマー語検定を予定通り実施

ミャンマー語

第14回ミャンマー語検定2021年5月12日、MLT(Myanmar Language Test)事務局は、第14回ミャンマー語検定を予定通り、6月20日に開催することを発表した。 申込期間は5月31日まで、Webフォーム(https://docs.google.com/)から受け付けている。 Webフォームより…

続きを読む...

2021-02-15 23:00

学術

コロナ患者が減少傾向に

コロナ

C

OVID-19患者の推移 2021年2月11日、新潟大学はトラジェクトリー解析による、ミャンマーのCOVID-19患者推移を報告した。 新潟大学では、ミャンマーにおけるAMEDの感染症プロジェクトを遂行中だ。ミャンマーでコロナ患者が増えていた為、ミャンマーの患者発生状況に…

続きを読む...

2020-12-30 08:00

学術

ミャンマーの琥珀の破片から約1億年前の「新種の花」を発見

花の化石

部まで確認できる小さな花の化石アメリカ・オレゴン州立大学と同国農務省農業研究サービスの古生物学者のチームが、ミャンマーの白亜紀中期の琥珀の堆積物に新種の被子植物である花を発見した。 発見された花はクスノキ科に属し、「バルビロクルス・プレリスタミ…

続きを読む...

2020-12-29 11:00

学術

念願の日本語パートナーズ(NP)として

日本語

日本語パートナーズ(NP)2020年12月23日、蓑田瑞恵氏はホームページで自己紹介した。 蓑田瑞恵氏は日本語パートナーズ(NP)として10カ月間(派遣期間:2018年5月~2019年3月)、ミャンマーのマンダレーに派遣された。 マンダレーはミャンマー第2の都…

続きを読む...

2020-11-23 08:00

学術

ミャンマーで発見の新種の霊長類、すでに絶滅の危機

ポッパ・ラングール

ッパ山から「ポッパ・ラングール」と命名絶滅の危機にひんしている野生生物と生息地を保護することを目的とした国際的な保護慈善団体であるファウナ・アンド・フローラ・インターナショナル(FFI)は11月11日、ミャンマーの人里離れた森で新種の霊長類を発見したこと…

続きを読む...

2020-11-11 01:00

学術

ミャンマーへの医療支援活動

受賞

新潟日報文化賞 を受賞2020年11月5日、新潟大学は長谷川功教授と内藤眞名誉教授が新潟日報文化賞に輝いた事を報告した。 内藤名誉教授は原発事故被災地支援活動とミャンマーの医療支援活動において、実積がある。 10月30日、第73回新潟日報文化賞の表彰式が新…

続きを読む...

2020-11-11 00:00

学術

国立科学博物館、ミャンマー生物多様性研究施設建設に協力

国立科学博物館

究センターの設計の提案と監修、現地人材の育成国立科学博物館は、国際協力機構(JICA)がミャンマーで展開する事業「持続可能な自然資源管理能力向上支援プロジェクト」において進めている生物多様性研究センター(標本館)の建設に関して、設計などの業務を担当し…

続きを読む...

2020-09-23 05:00

学術

活動をつうじて学んだこと

学生

動のフィードバック2020年9月18日、IDFC2021日本ミャンマー学生会議日本側実行委員会の山岡光太郎氏は、前半の活動を報告した。 山岡光太郎氏によると、IDFC(International Developmental Field Camp for Myanmar and Japan Youth Leaders)には、多くのサポータ…

続きを読む...

2020-08-27 18:30

学術

新潟大学、ミャンマー・ヤンゴン第一医科大学と「学術交流協定」を締結

学術交流協定

染防止のためウェブ会議システムを介して式典を実施新潟大学・医学部が、ミャンマー・ヤンゴン第一医科大学と「学術交流協定」を締結したと、新潟大学が8月19日に発表している。 新型コロナウイルスの感染を防止する観点から、新潟大学とヤンゴンをウェブ会議シス…

続きを読む...

2020-08-08 11:30

学術

新潟大学医学部とヤンゴン第一医科大学、学術協定を締結

新潟大学

W

eb会議システムで調印式新潟大学医学部は、ヤンゴン第一医科大学と学術交流協定を締結したことを発表した。 協定の調印式は、新型コロナウィルス感染拡大による入国制限などの影響で、7月27日、ヤンゴンと新潟大学をWeb会議システムで繋いで行われた。 調印式に…

続きを読む...