2019-04-20 23:00

社会

ティンジャン水かけ祭りがネピドーで開催

ティンジャン

年を祝うお祭りミャンマー歴1381年の新年を迎え、昨年の罪を洗い流すことができ、きれいな石板で新年を始めるという期待を込めた象徴的な行いである、毎年恒例の水かけ祭りが開催された。 ピンマナーのティンジャン水かけ祭りの開会式は、4月13日に、ネピドーのピ…

続きを読む...

2019-04-20 20:45

社会

国際人権団体、ミャンマーに対し「風刺は犯罪ではない」と主張

ヒューマン・ライツ・ウォッチ

刺的な演技で国軍を批判した4人を起訴米国を本拠地とする国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ(Human Rights Watch)は4月17日、風刺的な演技で国軍を批判した4人のタンジャット(Thangyat)パフォーマンスの出演者に対する起訴の取り下げを要請した。 タン…

続きを読む...

2019-04-20 20:30

社会

ジャパンハート、養護施設「Dream Train」の子どもたちの日本訪問を報告

ジャパンハート

本の子どもたちとの異文化交流ジャパンハートは、貧困により親元を離れることを余儀なくされた子どもたちのための養育施設「Dream Train」の子どもたち8人が、初めて日本に滞在したことについて報告した。 子どもたちは、日本から援助を行っている里親とのパーテ…

続きを読む...

2019-04-20 04:00

社会

シャンティ、ミャンマー人に人気のスポット「シュエセットウパゴダ」を紹介

シュエセットウパゴダ

ャンマー中部ミンブ県の「シュエセットウパゴダ」公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(以下、シャンティ)のピー事務所・倉持和希氏が、ミャンマー人に人気のスポット「シュエセットウパゴダ(Shwe Set Taw Pagoda)」を、4月16日のシャンティブログで紹介し…

続きを読む...

2019-04-19 23:30

社会

ミャンマー投資委員会、MSHのインターナショナルスクール運営を認可

インターナショナルスクール

8

月開校予定ミャンマー投資委員会(Myanmar Investment Commission:MIC)は、ロンドンに上場しているミャンマー・ストラテジック・ホールディングス社(Myanmar Strategic Holdings:MSH)にヤンゴンでインターナショナルスクール(Yangon American International Sch…

続きを読む...

2019-04-19 23:15

社会

ミャンマー国軍、武装勢力AAの訓練場とキャンプを占拠

国軍

A

Aの部隊は逃避ミャンマー国軍は、同軍の部隊が武装勢力であるアラカン軍(AA)の訓練場とキャンプを占拠し、弾丸などを押収したことを声明で発表した。 声明によると、ミャンマー・ラカイン州ムラウク・ユー郡区(MraukU Township)の住民が、AAによる絶え間ない脅…

続きを読む...

2019-04-19 23:00

社会

ミャンマー首都のショッピングセンターで火災

火災

防士158人、予備消防士115人が出動ミャンマー情報省によると、4月14日午後3時ごろ、同国首都ネピドー(Nay Pyi Taw)のZeyathiriショッピングセンターのフードコート周辺で火災が発生したという。 当局はすぐに火災を封じ込めるように動き、国軍、警察、地元の消…

続きを読む...

2019-04-18 21:15

社会

シャンティ、難民キャンプなどに届けた絵本が31万冊を突破 教育分野の改革も進む

絵本を届ける運動

本を初めて知る子ども 地域の図書館と図書館活動も公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(以下、シャンティ)が、1999年から展開してきた「絵本を届ける運動」において、ミャンマー(ビルマ)難民キャンプなどに届けた絵本の総数が31万冊を突破したと、4月10日…

続きを読む...

2019-04-15 03:00

社会

ユニセフ、自然災害でロヒンギャ難民の子どもの命が危険に晒されていると報告

難民

候変動で1,900万人以上の子どもに影響が世界中の子どもの権利と健康を守るために活動する公益財団法人日本ユニセフ協会(以下、ユニセフ)が、自然災害でロヒンギャ難民の子どもの命が危険に晒されていると、4月10日の報告書で発表した。 ミャンマーで起きた暴動…

続きを読む...

2019-04-15 01:00

社会

ミャンマーのロイター記者、「ギレルモ・カノ世界報道自由賞」に選出

ユネスコ

界報道自由デーに正式に授与国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)は4月10日、ミャンマーで投獄されているロイター通信のワ・ロン(Wa Lone)記者とチョー・ソウ・ウー(Kyaw Soe Oo)記者の2人が、メディアの専門家による国際的な陪審員の推薦により、今年の「ユネ…

続きを読む...