• TOP
  • >
  • 社会
  • >
  • 「メッター開発財団」が提供する研修施設を使用 BAJがミャンマー年次会を開催
2018-04-11 20:00

社会

「メッター開発財団」が提供する研修施設を使用 BAJがミャンマー年次会を開催

BAJ
毎年恒例のミャンマー年次会をバゴーで開催 2泊3日の合宿形式
職業訓練、環境保全、インフラ整備などの事業を通して民族の融和、相互理解の架け橋となることを目指し活動を続ける認定NPO法人ブリッジエーシアジャパン(以下、BAJ)が、ミャンマー年次会をバゴーで開催したと、9日のプレスリリースで発表した。

BAJは、毎年恒例となっているミャンマー年次会を、ヤンゴンから2時間ほどにあるバゴーで開催。現地NGO「メッター開発財団」が提供する研修施設を使用し、2泊3日の合宿形式で行ったとしている。

昨年の課題&今年の計画などを共有 国目標の実現のために
ミャンマー年次会では、日本人5人とミャンマー人スタッフ16人の合計21人が参加し、各事務所の昨年の課題と今年の計画などを共有。事務所ごとの長所や強み、課題について話し合い、3分ほどのロールプレイも行った。

今年の国目標は昨年と同じ“事業の質と説明責任の向上”となっており、「安全の確保」、「技術専門家派遣の継続」、「目標完遂のためのコミュニケーション」、「永年勤続表彰の再開」という方針も、このミャンマー年次会においてBAJが発表している。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ブリッジエーシアジャパン プレスリリース
http://www.baj-npo.org

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook