• TOP
  • >
  • 社会
  • >
  • BAJ、ミャンマーでの小学校100校建設プロジェクトが8月に完了
2017-07-15 13:00

社会

BAJ、ミャンマーでの小学校100校建設プロジェクトが8月に完了

学校建設
5年間で100校の小学校校舎建設
ミャンマーのラカイン州マウンドー(Maungtaw)に拠点を置くブリッジ・エーシア・ジャパン(Bridge Asia Japan :BAJ)の報告によると、BAJの援助で行われている学校建設プロジェクトが8月に完了するという。

このプロジェクトは2012年9月に開始され、ブティダウン(Buthidaung)とマウンドーを含むラカイン州に5年間で100校の小学校校舎を建設するプロジェクトとして進められていたが、この8月に5年の時を経て完了となる。

BAJによると、同プロジェクトはラカイン州の17の郡区で実施されているという。

プロジェクト完了後の9月より、BAJは5年間で80校の学校建設を行う新たなプロジェクトを計画しており、すでに日本財団(Nippon Foundation)より資金を調達しているという。

ミャンマーにおけるBAJの活動
BAJはミャンマー国内に5つの拠点があり、マウンドーでは学校建設と職業訓練を行っている。

ヤンゴン(Yangon)では管理全般を行い、カレン州パアン(Hpa-An)では教育コースのトレーニングを実施しているという。

また、マグウェ(Magway)は水供給、シットウェー(Sittway)は日本財団の100校プロジェクトを担当。

さらに、難民支援や緊急時の物資配布、女性への識字教育や保健衛生教育などにも力を入れている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ミャンマー情報省のプレスリリース
http://www.moi.gov.mm/moi:eng/

ブリッジ・エーシア・ジャパン
http://www.baj-npo.org/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook